ただいまなさい
2012 / 01 / 08 ( Sun )

何とかバタバタと、さっき自宅に帰って来ました。
まだまだ夢心地だけど・・・大阪に着いた瞬間一気に現実に戻った感じです。
(いつもそうだけど。苦笑)

今回は全体的にちょっとゆっくりめだったので、今日も都内をウロウロできたり。
最後夕方には、前からずっと行きたかった、仁がタッキーと行った葛西臨海水族館にも行って来ました♪
2人が見たというペンギンを、外で寒い中小一時間ほど眺め・・・癒されまくりました(笑)
頑張って色々写真も撮って来たので、また後日日記としてアップしますね(^^*)


7日のイベントについては・・・もうMCや質疑応答の内容の記憶がかなり薄れてて(えぇ)
今回思ってた以上に仁が頑張って話してくれてたから、その言葉を拾うのに必死でした(^^;)
なのでまたゆっくり、私視点の“感想”として残したいと思ってるけど・・・とにかく終始可愛かったなぁ。
例えば、マイクスタンドを一生懸命話しながら1人でいそいそと片付けてる後ろ姿とか(笑)
質疑応答コーナーでBOXを置いてるテーブルに頬杖ついて、ふわふわリラックスしながら話してる様子とか。
ずっと変わらないふとした仕草や表情が本当に可愛くって、思わずお友達とニマニマしながら眺めてました(笑)

2部の即興での曲作りは、改めて彼の多才な才能を目の当たりにして、終始興味津々で見てたんですが。
段々時間が経っていく内に、何度も「あと何分?ごめん、あと5分待って!」「ムリ!あと2分!」とか。
こうして段々時間が延びていったんだけど(笑)、ちゃあんと会場のファンも気遣って話し掛けてくれて。
仁自身すごく不安で緊張してたと思うけど、そんな必死な様子が可愛くて、何だか小さな子どもみたいでした♪
(ただ見てるだけで、本当に幸せだったなぁ)

ちなみにこの時に作ってくれたメロディーが、今もずっと頭の中で流れてます。
コンセプトがあれだから歌詞は結構あからさまだけど(笑)、メロディーはスローですごくオシャレ。
仁が自分で納得して仕上げようって思ってくれてたら、ぜひ完成版としてどこかで正式に発表して欲しいな。

あと、アメリカでのセカンドシングルの「Sun Burns Down」もすんごく好きになりました。
かなり私好みのノリのいい楽曲で・・・この曲も昨日からずっと頭の中でリピしちゃってます。
ちなみに仁も昨日かなり必死に説明してたけど、サビの歌詞に「Make Love Until the Sun Burns Down」ってあって。
仁が「“日が沈むまでセックスしよう”って曲」って言うから、どんな曲だよ!って思いながら聴いてたんだけど(笑)
直訳するとホントにその通りで、ずっとサビで何度も何度も言ってるから・・・何だか可笑しくなっちゃった(笑)
(昨日の2公演で何度セックスって言葉聴いただろ。笑)
でもすごくインパクトのあるカッコイイ曲だし、向こうでもまたたくさんの人の耳に届けばいいな。

それから、最後のお見送り。
私は2回ともかなり退場が最後のブロックで、列も後ろの方であんまり近付けなかったんだけど。
やっぱり前の方に人が殺到しちゃってて、後ろだと周りに人がほとんどいなかったから。
逆に「じーん!」って思いっきり手を大きく振ったら、バッチリこっちを見て振り返してくれた気がします(笑)
(周りに誰もいなかったから、そう思い込もう。笑)
2回ともそんな感じで、ちょっと遠くてもやっぱり目が合うとドキドキ緊張しました。
仁はずっとキョロキョロしながら、できるだけ1人1人の顔を見ようと本当に頑張ってくれてました。
最後辺りになるとやっぱりだいぶ疲れが見てとれて、何度もペットボトルの水を飲みながら汗を拭ってたけど。
最後まで仁の愛がひしひしと伝わってきた時間、そんな姿を見れただけで本当に本当に幸せだったなぁ。


明日は朝から、とりあえずめざましはチェックかな?
あと他のWSやスポ紙なんかはわからないけど・・・少しでも多く取り上げてくれたらいいな。
(雑誌類はまたラッシュがやって来そう)

では、書きたいことはもっといっぱいあるんだけど・・・
睡眠不足もいいところ、ちょっとゆっくり一眠りします。
明日また7日のスポ紙についてとか、できたらゆっくり現れますね。



仁、お疲れ様でした
よく頑張りました!
本当にありがとう
幸せな時間、本当にありがとうね

元気な笑顔にたくさん会えてよかった
少しでもゆっくり休んでね

またね☆


23 : 56 : 17 | 赤西仁 | コメント(0) | page top↑
<<めざましでイベント映像&Rolling Storn 発売&今日の読売新聞夕刊に | ホーム | 横アリイベント2部>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |